読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記:一日目:百日日記をはじめる

7時にアラームが鳴る。起き上がる前に暖房をつける。温風が吹きつけられて乾燥する。避けて布団の奥にいく。落ちつく暗さ。

二度寝から起きたらひどい時間だった。

喫茶店に行ってパソコンと新書を広げ、その内容について整理しようとしつつ進まない。かれこれ5日ほど毎朝うなっているのだけど、こんなに構成力と言語化能力が落ちているとは…

 

午前中は喫茶店で読書かニュースチェックをし、午後に大学へ移動して論文を読み、夜は家でスマホを眺めるというサイクルが確立しつつある。夜の過ごし方を変えたい、あと、言語化機会を増やしたい、そうだ日記書こう

けれども私は三日坊主の権威だし、日々は単調である。表情筋と声帯は完全に春休みに入ってしまった。なので毎日じゃなくてもいいからとりあえず通算100回書くぞと決めた。達成した暁には習慣になっていて、日記のプロになってるかもしれない。ダイアリーマスター。日記の匠。なんて甘美な響きでしょう。こうしてやたらと視覚的に四角な題の記事が生まれた。日記一日目百日日記、ほぼ長方形。

 

 

 

 2017年2月15日

午前は新書を読んでいたら終わり、午後に修論材料の整理をする。金曜に指導教官が話を聞いてくれるというのだ。アカハラ渦巻く噂を聞くにつれ、忙しい中なんとか時間を取ろうとしてくださるうちの先生はなんと徳が高いのかと感じ入り、ありがたやと日々拝んでいるのだが、いかんせん私の力不足で持っていく話ができていないので、拝んだら帰りたい。どうしよう。 

 大きい現象を概観しようとして、分野/時間/空間/主体の4要素をうまく構成できず、紙に書き起こそうとしてはおぞましい図を錬成し、そうこうするうちにまだ読めてない論文の内容も気になり始め、完全に迷子になっている。もはや明後日は私は迷子ですと告白するしかないのだろうか。

一回手元の材料を全部カードにして、それを並び替えたりした方がいいのかなぁ。わりとほんとに誰か一緒にやってほしい。でも春休みで誰もいない。とりあえず、おぞましい図をおぞましくWordに書き写した(途中)ので今日はもう帰る。

単調さが滲みでる初日となった。明日は何かステキなことを探してみよう。